« 喉に小骨が刺さったままで | トップページ | ウチ目均考(27)~同じように書いて比較してみよう »

2007年1月25日 (木)

ウチ目均考(26)~株式持ち合いは好ましくない

☆ 事業法人の株式持ち合いは,好ましいことだと言えるのか?


・ 外資ということを意識した時代は,戦後3,4回ある。最初は財閥解体。でもこれは個人株主作りだけで終わった。次は1970年頃の資本自由化。この時は,例えば三菱自動車(当時)がクライスラーの資本を受け入れたり,日産自動車がプリンス自動車を吸収合併した。この辺りは産業政策を主管する当時の通商産業省の影響が大きかった。その次はバブル直前の時期。きっかけは急激な円高であり,財テクという言葉が人口に膾炙し,企業はこぞってユーロドル債を発行した。その頃から銀行・生保と事業会社との間の株式持ち合いが密かに進んでいった。


・ この現象が何を生んだか,そのうち上映される映画を見るまでもなく分かるだろう。90年代後半のデフレスパイラルにモラルハザードの元凶を見るというのは偏った見方だとあたしは思っている。その路線を敷いたのは80年代であり,性懲りもなくそれから10年間ほど居座った連中こそがハザードである。リストラや貸し渋りは結果としての事象であり,それを助長したのは,都合の良い時だけ正義の味方面をするマスコミとそれに抗することも信念を通すこともなかった政治家である。


・ 何が言いたいか。原因は何であれ(資本自由化が三角合併の解禁に変わろうが),資本主義社会において資本を効率的に運用しないことは悪だと言える。それは都合の良い時だけ株主面する連中の言うことを聞けという意味ではない。資本政策を含めた企業の全体像がCSRに依拠することを理解しない経営者はそれを理解しているものと交替すべきだという正論を言っている過ぎないのだ。

|

« 喉に小骨が刺さったままで | トップページ | ウチ目均考(27)~同じように書いて比較してみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喉に小骨が刺さったままで | トップページ | ウチ目均考(27)~同じように書いて比較してみよう »