« ウチ目均考(23)~誘導者への異議申し立て | トップページ | ウチ目均考(25)~市場規律 »

2006年12月21日 (木)

ウチ目均考(24)~独眼流,語る。

日本経済新聞第43440号(2006年12月20日)第17(投資・財務2)面

◇株主とは~私の市場論 ① 「賢い存在に謙虚に学ぶ」 (石井 久 立花証券取締役相談役)


☆ 久々に見た独眼流(念のために書いておくが「独眼竜」ではない)は,さすがに老いていた。83歳。相場師としては是銀と同じくらい長生きである。ただ,独眼流と是銀の違いは,後者が市場の外から参加し,それも専ら老年期に名を上げたのに対し,独眼流は名前の通り,相場の世界を生き,生き抜いた人である。有名な「桐一葉 落ちて天下の 秋(とき)を知る(=日経新聞の解説にある”スターリン暴落”を「予言」したエピソード」は,1953年のこと。独眼流30歳になろうかという時期の実話である。


☆ 市場人でありながら,独学で経済を学んできた彼らしく,日本経済の戦後の発展の原動力を証券市場に見る。これは事実だ。護送船団だの何だのというが,一方で資本自由化の荒波を乗り越えるには時価発行が出来なければならなかった訳だし,整備が遅れたことには多々問題を残しはしたものの,戦後経済を支えたのは間接金融だけではないこと(その最たる証拠が「日本興業銀行」だろうと考える)は事実だ。


☆ 独眼流が「相場の先行きは99%予測できる世界になった」と語っていることに違和感を感じる人も多いだろう。彼はいい加減な駄法螺を吹いているのではない。それはこんな発言とペアになっていることからも分かる「短期売買は相場をにぎやかにするが,長期的には弊害のほうが大きいのではないか」。独眼流は,長期的な経済の成長に投資収益の機会があるという考えなのである。


☆ 確かに「それはあんた(独眼流)が相場を張っていた時代(実はそんなに長くない。立花証券が潰れるどころか,一時は兜町を代表する個人投資家の店であったことが証明している)だけの話だ」という批判もあるかもしれない。しかし,どんな国家でも成長する産業と衰退する産業がある。いかに人気があっても後者を選ぶことなく,前者を捜し育てていく位の覚悟をもって相場に望めば,道は開けるだろう。さわかみファンドや竹田和平氏のようなよい見本もあるではないか。


☆ 先ほど引用した部分の直前に独眼流がこう話している。「最近のデイトレーダーのような短期志向の投資家はいかがなものか。コンピューターのおかげだと思うが,わずか十分程度で売ったり,買ったり,そんなやり方で財をなせる人はいない。」これにも反論があるのを知っている。「小手川君がいるじゃないかとか。。。」でもその彼ですら「相場を放り出したい」という発言をしたことがある。大局観を持たぬまま相場の奔流の中に身を投じるのは,以前も話したように丸腰で戦場に出るようなものだ。相場はいつでも開いている。そこで何を目指すのか。自分の投資先企業の成長の果実を享受しながら資産を作っていきたいのか。丁半博打を楽しみたいのか。そういう「姿勢」を彼は問うているのではないか。


☆ ただそこは株式市場の中でしたたかに生き抜いてきた彼らしく,読者に対するリップサービスも忘れていない(これをそう捉えるのかどうかで,相場感応度が判るかも^^;)。来年は海外企業による敵対的TOBが増えると言っているのは,例の会社法による「三角合併の解禁」が念頭にあるが,既に今年からTOB自体がひとつのテーマになっていることからもわかる。これは目先的な話ではなく,世界的な資本の再編成が大規模に幾つかの業種で起こり始めていることを指している。あくまでも独眼流は「大局観」なのだ。また,このコラムで最も興味を引いたのは,株式相場の先行きだった。引用する。


「いまの上昇相場は,あと二,三年ぐらいしかもたないのではないか。日本の政府は約八百兆円もの借金を抱え,人口減少という深刻な問題に直面している。こういう国の経済が中長期で強くなるはずがない。消費税率の引き上げがはっきりしてくると,相場の活況は終わりを迎えるだろう」

「今はさしあたり五合目。これが天井に近づいたら,私は人生最後の売り推奨を出すつもりだ。それが立花証券のお客様や従業員への最後の恩返しになると思っている」


☆ ジジイが勝ち逃げかよと嗤うことなかれ。独眼流の前回の売り推奨は1990年である。


--株式投資を始める人にメッセージを

「株というのはどこかで大天井を打つ。その局面で必ず持ち株を全部売ることを念頭に置いた上で投資してほしい」

「重要なのは株式投資をすれば世の中が見えるということだ。経済の理屈がいくらわかったところで,投資をしない人には知恵がない。株をやっているからこそ,景気や物価の流れがわかる」

「相場は人間より賢い。だから株価から教わることだ。過去を知って,未来につながる。投資家は謙虚に学ぶ姿勢を忘れてはいけない」


☆ 何も付け加える必要はない。そのとおりである。

|

« ウチ目均考(23)~誘導者への異議申し立て | トップページ | ウチ目均考(25)~市場規律 »

コメント

☆ 吉田さん。コメントありがとう。

・ 立花証券の「株界月報」だったか。。。あれは確かにお正月の巻頭に石井氏と福園氏の相場考察が載っていたと思います。橘とは今は取引がないので,確かなことは覚えていません。また希望者(=見込み客ですね)には送ってくれると思います。

投稿: deacon_blue | 2006年12月27日 (水) 17時57分

たしか立花証券が、正月に恒例として ~石井爺の年間の豊富 対処法 作戦などを自社の新聞で
語っていたと思います。
申し込めば、郵送でもらえたような記憶があります。

投稿: 吉田 司 | 2006年12月22日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウチ目均考(23)~誘導者への異議申し立て | トップページ | ウチ目均考(25)~市場規律 »