« ウチ目均考(18)下品なポピュリズムに市場を殺されてたまるか | トップページ | 来週の相場展望分析【FISCO編=5=】 »

2006年11月 2日 (木)

冗談は市場の外で言ってくれ

ダルトン・ストラテジック・パートナーシップという名前は,チョッとは海外投資家動向を知っている個人投資家だったら知らない者はいない存在だ。そのダルトン殿が大量保有報告書財務局への提出知らなかっ言い逃が出来るというほど,日本市場を舐めて貰っては困ると思うのは,あたしだけだろうか?

> 株の大量保有報告、2年間も放置=報告義務知らず-英ファンド

> 英系ファンドのダルトン・ストラテジック・パートナーシップが過去に買い占めたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と紀文フードケミファの両社株式について、大量保有報告書と変更報告書の計15通を長期間にわたって提出していなかったことが1日までに明らかになった。両報告書とも株式を大量に売買した場合などに証券取引法で原則5営業日以内の提出が義務付けられているが、最も古い報告書で約2年間も未提出のままだった。
> 英ダルトンは先月31日に報告書を一斉に関東財務局に提出。「最近まで報告義務があることを知らなかった」と釈明しているが、CCCと紀文フードは「英ダルトンが大株主になっていたことは知らなかった」と不快感を表明しており、ファンド側の情報開示姿勢が問われそうだ。 (時事通信) - 11月2日7時1分更新

金融庁には遠慮なく同ファンド殿の日本代表をお招きいただき,事情を存分に説明して頂くと共に,同ファンド殿の日本オフィスもしくは口座管理人,場合によっては英国の本拠にも出向いて,同ファンド殿が世界各国で投資を行う際に投資先国に於いてきちんと法令遵守した活動をされているのか存分にお調べ頂いたうえで,業務改善命令,場合によっては業務停止命令などの適切な処置をなされることを切にお願いするものである

|

« ウチ目均考(18)下品なポピュリズムに市場を殺されてたまるか | トップページ | 来週の相場展望分析【FISCO編=5=】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウチ目均考(18)下品なポピュリズムに市場を殺されてたまるか | トップページ | 来週の相場展望分析【FISCO編=5=】 »