« 日本経済新聞第43347号(2006年9月15日金曜日)経済教室「公的資金完済・新しい銀行像」への反論 | トップページ | ここは森の中 »

2006年9月18日 (月)

株式ウエブログでこれだけはやってはいけないこと

株式投資これだけはやってはいけない Book 株式投資これだけはやってはいけない

著者:東保 裕之
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆ 著者の東保氏は日経CNBC「TOKYOマーケットEXPRESS」の夏休み特集にも出演していたが,基本的な考え方が一貫しているので参考になる部分は多かった。

株式のウエブログを書いている人最も読んで欲しいのは,第4章4「見栄と意地は証券投資の大敵」(P.160~169)。その中でも印象的だった部分を引用したい(P.166)。

>ちなみに山一證券で最も腕の良かったディーラーE氏は,相場コメントを求められるとそれなりに親切に答えていたが,実際の売買は自分の前言と反対のことを平気で実行していた。本人いわく「さっきはそう思ったが,今は違う。それに相場観はあたり障りなく言ってあげれば相手も安心するだろうが,自分のポジションについては自分の責任で対処しなければいけないから過去の発言とは別だよ!」。

☆ これを不誠実な発言と思うのは,残念ながら相場がわかっていないことになる。むしろ誠実な発言だろう。ディーラー自分のポジションとの勝負であり,相場解説はストラテジストの仕事だからだ。売り買いの状況を見ながら臨機応変に立ち回らなければディーラーは務まらない。この本の中にも端末入力の訓練をするディーラーチームのエピソードが出てくるが,そういう職業であるという厳しさを感じて欲しい。

☆ では逆にマーケット面に載っている日経の相場コメントはどんな役に立つのか?それは前日の相場の雰囲気断片的に伝えるものと割り切って見ればいい。同じことはクロージングベルTOKYOマーケットラップなどの相場コメントでも同じだ。あくまでも全体相場の中の一部分の感想がそこにあるということだ。

☆ 自分のポジションや相場観をウエブログに書くのは,自分自身のポジションの心理的な整理になる。だがあくまでもそれは自分のポジション・トークであることを忘れてはいけない。他人のウエブログにコメントを書く時も同じで,出来る限りポジション・トークとして話すことを断っておいた方が良いと思う。

☆ あたしが基本的に自分自身のウエブログに個別銘柄の話を書かないのは,そういう理由がある。そこに書いたことで自分自身の判断を狂わせたくないし,それに縛られたくないからである。言い替えるなら銘柄の当て物で生きていけるほど相場は甘くないということは,あたしにとっては常識であるからだ。

|

« 日本経済新聞第43347号(2006年9月15日金曜日)経済教室「公的資金完済・新しい銀行像」への反論 | トップページ | ここは森の中 »

コメント

私すべてポジショントークです^^;
思ってること やってること 逆だったりしますね・・・自分の反省用だったり、恥さらしブログになってます
・・・誰も参考にしないとはえいえ、軽率な記事はちゃんと断ってから書かないとダメですよね^^
今から 記事に戻って注意書きしてきます

投稿: うさぎ | 2006年9月19日 (火) 17時15分

おはようございます 今週は日経平均は16000円の攻防戦かな~と、思っています。週初めのご挨拶です 今週もヤンチャ坊主の私と遊んでやってください。宜しく頼んます。

3つのブログに、それぞれ長文を書いていくエネルギー 大したもんです。 

投稿: 吉田 司 | 2006年9月19日 (火) 08時30分

個人の株Blogは自身を含めて、大抵ポジショントークになりがちになりますね(自戒を込めて)。

自身も以前は個別銘柄のことを書いていましたが、いまはdeacon_blueさんと同じようにそのポジションに制約されたくはないので書くのを自粛しています。指数に影響があったとか、そのときの相場を象徴する銘柄であったりとか、そういったものだけを取り上げるようにはしています。例えば、仕手系材料株が大商いになっているときは、相場の手詰まり感を象徴する、っていう具合ですね。

投稿: kabu-gion | 2006年9月18日 (月) 20時16分

そうですよね、その種の「無節操さ」は大事な時がありますよね^^;特に自分が自信を持って取ったポジションがフルスピードで逆走し始めた時ほどw
特に自分は短期売買メインなんで、自分自身にあまり縛られない…ように気をつけています。

自分自身の財産に責任を取れるのは、自分自身だけ…ですもんね^^

投稿: けろたん | 2006年9月18日 (月) 16時29分

どうも。毎日、難しい内容を、誤解を恐れないで書いていますね。ホントのところコメントを記入するのも、いろいろ考えながら書いてます。
そもそもコメントやブログやミシシィでもそうだと思いますが ⇒書きたいことが完全に書けなかったり、上手く相手に伝わらなかったりもしますし。 また相場は生き物で、あっちいったりこっちいったり動きますんで。 自分がAを伝えたくても~相手にはBが伝わるのも、よくある話で。
まあ、個別銘柄については判断が難しいところですね。動きを当てる形ではなく ⇒動きに乗って行く形ならなんとかなりそうな感じもしますが。
長文は苦手だな~言いたいことがボヤケテしまったかもしれません。

投稿: 吉田 司 | 2006年9月18日 (月) 15時03分

どうも。毎日、難しい内容を、誤解を恐れないで書いていますね。ホントのところコメントを記入するのも、いろいろ考えながら書いてます。
そもそもコメントやブログやミシシィでもそうだと思いますが ⇒書きたいことが完全に書けなかったり、上手く相手に伝わらなかったりもしますし。 また相場は生き物で、あっちいったりこっちいったり動きますんで。 自分がAを伝えたくても~相手にはBが伝わるのも、よくある話で。
まあ、個別銘柄については判断が難しいところですね。動きを当てる形ではなく ⇒動きに乗って行く形ならなんとかなりそうな感じもしますが。
長文は苦手だな~言いたいことがボヤケテしまったかもしれません。

投稿: 吉田 司 | 2006年9月18日 (月) 15時03分

毎度です!
そう言う理由があったんですかぁ~・・・・
私は 死ぬほど頑張りますよ!
(空回りかも(;_;)

投稿: fumi | 2006年9月18日 (月) 14時35分

こちらでは始めましてですね^^

よくわかります。
自分自身のコメントに縛られて生で感じた
感覚を無視しなくてはならない法はないですからね。
逆に信じきったほうが良い結果が出ることも
あるのが難しいところではありますが^^;

投稿: inaken | 2006年9月18日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本経済新聞第43347号(2006年9月15日金曜日)経済教室「公的資金完済・新しい銀行像」への反論 | トップページ | ここは森の中 »