« 続・不適合営業おばちゃん=2= | トップページ | 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 感想 »

2006年9月28日 (木)

店頭に行ってきました

☆ 昨日,午後から休みを貰ってポジションの整理のために久しぶりに証券会社の店頭に行った。今はネットトレーダー全盛で,店頭には,お馴染みのやや高齢化が進んだ相場名人おばちゃんといった店頭な人々が顔を揃えていたくらいなもので,実に静かなものだった。店頭は静かだった。。。さり気なく書いたが,昨日の上昇本質は案外にこんなところにあったのではないかと思っている。出来高をみても不足感があるし,何より先物押し倒して強引に持っていった(その途中で帰ったのだが(;´▽`A``)大引けにかけての動きが自ずから語っているような感じがする。(まあこれは昨日の上昇相場に売りをぶつけた人間の繰り言であります(^▽^;))

☆ 相変わらずおばちゃん投資家は同じようなことばかり叫んでいた。昨日の相場だったら,鶏インフルエンザで盛り上がっていた富山化学とかね。。。バフェットの言うミズ・マーケット地で行くような活躍ぶりだったσ(^_^;)。こういう人を見ていると思うのだが,絶対に成り行きをしない。毎日店頭に来ている(んだろうが。。。)投機家だったら,投機をすべきなんじゃないかと思う。投資だったら別に毎日店頭に来る必要はない必要な時にもしくはそこでしか買えないという制約の中でも,買うべきものを買うのが投資であり,売るべきものを売るのが投資という。

☆ 一日の相場の中で材料を見つけては,それに右往左往されることなく売り買即断していくのが投機である。投機である以上,外れたと思ったら同じけの速さをもってポジション閉じなくてはならない。それが出来ないのなら投機なんかやってはいけない。そしてそのどちらも出来ないから,おばちゃんや相場名人は毎日,証券会社の店頭にやってくるのである。

☆ もうひとつ分ったこと。かつてあれだけ威力を誇っていた「選択テレビ」が時代遅れになりつつあること。ハッキリ書くとCSKマーケット・ビューアに明らかに劣後している。あれがあれば十分だから,店頭行かなくても発注には何の苦労もない。そしてCSKマーケット・ビューアだったら大手証券取引出来れば(=口座さえ開ければ)誰でも見ることができる。なるほど,店頭に行く人などいなくなるわけである。

|

« 続・不適合営業おばちゃん=2= | トップページ | 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・不適合営業おばちゃん=2= | トップページ | 同和鉱業の株主安定化策と平等原則 感想 »