« ここは森の中 | トップページ | ちぃっと疲れました »

2006年9月21日 (木)

凧の糸と相場の金は出しきるな

LION&PELICAN LION&PELICAN

アーティスト:井上陽水
販売元:フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2001/05/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆ 陽水が「ワカンナイ」という曲を作った時,宮沢賢治を悪し様に言う意図はなかった。陽水にとってワカンナイものは「雨ニモ負ケズ」でもそれを書いた宮沢賢治でもなく,彼(賢治)の無私の思いが伝わらないこの世の中なのである。そういえば『ライオンとペリカン』は今思うと名曲揃いで「とまどうペリカン」とか「愛されてばかりいると」(シングルヴァージョンの方が好きだけど),「リバーサイドホテル」「背中まで45分」そしてこの曲と入っている。

☆ ところであたしがワカンナイのは相場の方で,いつもいつも空気の抜け始めた風船のような展開になるのは,市場の中に弱気派がだんだん増えてきたのじゃないかという疑念を持っている。別に誰が弱気に追従しても構わないのだが(この辺りが「ポジション・トーク」ですぞ,皆様(^^;)。),弱気展開の「」は何かを考えても全くワカンナイ状況なのだ。

☆ 本当は業績相場が続いていいはずである。ただ昨年に比べて半分以下の出来高が示すように,市場参加者の意欲はどんどん減退している感じがする。中間期末を控えてということであれば,去年の状況はどう説明する?次はどれだ的な相場展開が見えなからワカンナイのである。だから。。。(タイトルに戻る)

|

« ここは森の中 | トップページ | ちぃっと疲れました »

コメント

明らかに去年の今頃と雰囲気が違いますね。
年末にかけて、何かが起こる気がします。
去年のシステムダウンや誤発注のようなことが、今年起こると、去年のようにこなせず、パニック
になりそうな気がしますが、どうでしょう?

投稿: tadaofp | 2006年9月24日 (日) 08時55分

ホリエモンブームのときに参加してきた個人投資家の
何割生き残っているのでしょうね。
やっぱりライブドアショックが大きいですよね。売買方法が似通っているのか、みんなが同じ方向へ動いているようだ。

投稿: cm116119671 | 2006年9月22日 (金) 13時28分

こんばんは。
相場の行き先はいつも分かりませんが、せっかっくですから無理にでも予想をしています。でないと、印象に残らないですし、反省も薄い気がします。
個人のブログなんて、誰に推奨しているわけではありませんし、自分の資産を守れればなんでもありではないでしょうか。と、考えて取り組んでます。

投稿: タカ | 2006年9月22日 (金) 00時02分

私事ですが、今日で株の売買を始めて、丸一年。なんとか無事に退場せずに明日から「2年生」に進級できそうです^^

これもひとえにsug6さんはじめとする、相場の先生たちのブログでのお導きがあったおかげだと思います。

無事生き残れて良かった…という思いもある一方で、この一年間の成績は満足できるものではなく、これからもっともっと精進していきたいと、気持ちを改めております。これからもよろしくお願いしますね、師匠!^^

投稿: けろたん | 2006年9月21日 (木) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここは森の中 | トップページ | ちぃっと疲れました »