« やっかいな相場考(2)~「秋の気配」相場 | トップページ | ウチ目均考(11)~犠牲バント失敗? »

2006年8月30日 (水)

やっかいな相場考(3)~新人王相場

☆ 今年の相場はそうとう嫌な相場だといい続けてきた。というか途中からそういう言い方で進めてきた。

☆ 今日,ネットエイジグループが上場して,来月上場のミクシィの仮条件も発表になっている。本来ならWeb2.0などという定義のない言葉に煽られたIPOブームが来てもおかしくないが,どうもそんな感じもしない。最近のIPOだとゴメスのような加熱もあるのだろうが,こうした注目銘柄に視線が集まる時期というのも結構やりにくいものだ。

☆ 全体相場が堅調だったりブーム化しているとそれはそれでやりにくい(別に話す)。しかし需給について自信が持てない時期に注目株のIPOがあったり,大型上場や株式の放出があると,それはそれで相当やりにくいことになる。まずIPOの資金を得るためには何かを売っておく必要がある。ちょうどいいことに放出株の売出しがあるからこれを売っておこうということになる。需給関係を考えれば,まず下がるだろう放出株に売りを出すのは当然といえば当然。それが売り圧力になって相場のあちこちが傷んでくる。

☆ 同じ目で見てみると,野村不動産のIPOも時期は確かなのだが,タイミングは良くない感じがする。資金吸収額を考えれば同じ不動産セクター(けっこう上昇した)には圧力がかかってくるところだろう。また,セクター違いではあるが今年は堅調な銀行株にも売りが出てくるきっかけになるかもしれない。銀行株の場合,本業よりも連結や持分法にある会社の業績の動向に気をつけるべきでは無いかと思う。

=了=

|

« やっかいな相場考(2)~「秋の気配」相場 | トップページ | ウチ目均考(11)~犠牲バント失敗? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっかいな相場考(2)~「秋の気配」相場 | トップページ | ウチ目均考(11)~犠牲バント失敗? »