« 様々なる人々(1) | トップページ | 様々なる人々(3) »

2006年5月31日 (水)

様々なる人々(2)

☆ 今の相場と20年前の相場で何が一番違うのかといえば,ITだろう。確かに2000年前後のITバブル相場は,直接間接に数多くの個人投資家や投資家達のバーチャルな集団を痛めつけ,傷つけた。この欄で日本経済新聞の不祥事(インサイダー取引疑惑)をしつこく糾弾しているのは,その時に起こった,とある事件が発端であり,いずれ詳しく所見を交え述べたいと思う。が,名の通りの情報技術は明らかに投資スタイルを一変させた。投資に対する心理的障壁をずいぶんと低くしてしまったのである。その意味でITとは,まごうことなき大革命だった。

☆ さて,20年前にはモトローラが肩掛けの移動体通信を実用化したが,それはまるでSONYのデンスケのような姿形であった(デンスケというのは1970年代に活躍したセミプロ以上用の携帯型(でも大型^^;)テープレコーダーのこと)。せいぜい自動車電話用のアンテナを立てた車(そのアンテナの数十パーセントは明らかにパチもんだったが--;)が移動体通信の主のような顔をして走り回っていた。

☆ 外出した営業マンへの手軽な連絡方法であるポケットベルのサービスも始まったばかりで,ビジネスユースでは,もの凄い勢いで広がっていった。これがパーソナルユースに使われ成功したことが,携帯電話ビジネスに繋がっていく。。。そういえばこれも余談だが「ポケットモンスター」というゲームは,こういうポケット型の遊具(ゲーム・ウォッチからゲームボーイ,そしてDSに繋がって行く)をイメージしたキャラクターゲームだった筈だ。まだビジネス用のパソコンといえばPC98だったし,ワークステーション5550の時代だったのだ。

☆ 要するに情報の伝達経路が今と比べると極端に少なかったのが,当時の実情だった。電話は最大の武器であり,80年代末のバブルを支えたのは,電話線による音声通話だった。そして電話やファックスで山ほど情報をやり取りできない,そんな特権のない個人投資家達が毎日,店頭に寄ってきたのである。

☆ 店頭に良く来ていたタイプの投資家について前回少し書いたが,だいたいこんなプロファイリングが出来たと思う。

(1) 60代前後の相場好き,相場一代,相場名人(迷人)の類

(2) 40代以降のおばちゃん投資家

(3) 30~50代中心の一匹狼型投資家

(4) 普通の人々(投信・るいとうのお客様)

☆ (1)と(2)がグループになるのは,火を見るより明らか。というよりもおばちゃんで一匹狼という人には残念ながら,今まで遭ったことがない。そういう人は店頭には来ないのだろう。そして,店頭を華やかかつ珍妙にしてくれるのは,これも期待通りにこの人達なのである。

(つづく)

|

« 様々なる人々(1) | トップページ | 様々なる人々(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108615/2022910

この記事へのトラックバック一覧です: 様々なる人々(2):

« 様々なる人々(1) | トップページ | 様々なる人々(3) »